運転免許返納

最近は高齢運転者の運転免許返納が増加しているらしい。

昨今の高齢運転者による交通事故の報道が過熱していることも一因と思われる。

これについては悪いことではないと思うが、ただそのままの意味で受け止めることはできない。

冷静に考えてもらいたい。

運転免許を返納できる高齢者は幸せとは言わずとも少なくても恵まれていることに間違いない。

運転免許を返納できるということは、自分が運転しなくても生活できる環境に身を置いているということ。

さらに返納を促してくれる身内がいること、そして本人自身が返納を選択できる判断力を持っているということに他ならない。

このような高齢者が実際にどのくらいの割合で存在するのだろうか?

私の知る限り車なしで生活ができる地域など日本にはごく一部しかない。

高齢者と呼ばれる年齢になれば公共交通機関での移動も大変である。階段もあるし人混みもある。

混雑すればバスでも電車でも座ることなどできない。自転車に乗るのも危ないし、徒歩での移動も現実的ではない。

それでも必要な買い物に通院など移動手段を必要としているのだ。

高齢者は日常の生活で若い人よりも車を必要としているのだ。

このような状況で運転免許を返納するということは、ある意味で「死ね」と言われているに等しい。

運転免許を返納するには現実的に代わりの移動手段を手に入れなければならない。



さて、最近ではテレビでもあまり言わなくなったがこんなことを政府が言っていたことを覚えているだろうか?

『一億総活躍社会』と、いうやつだ。

こんなことを言えば自民党は否定するだろうが、誰がどう聞いたって『死ぬまで働け、働けないなら死ね社会』である。年金に医療費、明らかに破たんしている財政に対しての国の答えがこれだ。

一方で一億総活躍とか言っておいて、また一方で運転免許の返納を勧める。この国は一体どうなっていくのだろう。

様々な政策を決めている政府に警察庁だが、それらの意思決定権を持っている人物たちがすでに裕福で大きな変化を求めない。さらには庶民の生活を知らないふりか、本当に知らないのか貧富の差に対して無関心とまでは言わないが強く改善を求めない。

あるのは常に責任逃れという自己保身だ。国の未来や国民の暮らしや選挙で自分たち勝つことだけだ。

老後2000万問題で、ある幹事長ははっきりと問題の本質より選挙を控えている心配をしていた。

政治家としてはこれが普通なのかもしれないが、多くの国民は違和感どころでは済まない反感を覚えただろう。

我々国民は苦しい思いをして、こんな政治家のために税金を払っているのだ。そしてそれは多額の議員の報酬として一部の利益のための公共事業としてバラまかれる。

一方で国の借金は増え、高齢者の生活はますます苦しくなっていく。それを支える若者も未来を築いていくことなど不可能だ。

しかし意思決定権を持っている議員や官僚は問題なく富を築き上げていく。

このような状況の中でまた選挙が行われる。高齢運転者の問題や年金、医療費といったことはあまり話題にならない、本当は目の前にある現実なのに。高齢者を下手に刺激するとまずいと思っているのかもしれない。

なぜなら有権者で最も多いのが年配の人たちなのだから。



こんな時にある政党では元アイドルが立候補して少し話題になっている(批判的な意味合いで)

どうやら子育てにをするにあたってこの社会の在り方についてモノ申したいらしい。

しかしそれならこの政治の素人がわざわざ出てくる必要はあるのか?

もっと仕事のできる政治家がちゃんと国民からの意見を聞いて物事を進めていけばいいのではないか?

それができないから知名度頼みの元アイドル候補にすがるのか?この政党、国民をバカにしているとしか思えない。

この国の財政は危機に瀕していて、高齢者について予算をこれ以上回していくのは難しい。

しかしこれこそが選挙のポイントになるべきだ。単純なことだ、国の財政が厳しいのだから国に努める議員の報酬を半額にすればよい、公務員は国や自治体に勤めているのだから財政状況に応じて賃金をカットせねばならない。

その分を医療費、年金、高齢運転者の問題に当てよう。そうすれば現役世代の負担は減る。無理して共働きをする家庭も減れば待機児童も減る。保育所の不足が問題となっていた。確かにそうかもしれないが別に共働きをしなくて済むのであればそれでよかろう。

しかしこのようなこと実現するはずがない。意思決定権は政治家と官僚が持っているのだから・・・

随分と話が飛躍したように思われるかもしれないが、ようするに運転免許に関する高齢者講習はこのような背景から生み出された全く意味のないものだ。

政府や警察庁の責任逃れや教習所の金儲けのために、意味のない高齢者講習を受講させられる。

巷では高齢運転者の問題が大きく取り上げられ返納を促され(実際に危ないと思うが)

一方で一億総活躍などと戯言を政府が言うわけだ。

自分もいずれは高齢者になるわけだが、今の高齢者に対して気の毒に思う日々である。

 

 



Follow me!